TEL.052.253.9866

ラボブログ

IMG_1652_s
Data:2015/12/14

浮世絵の選定

東錦絵、美人画、役者絵、武者絵、名所絵など、
江戸時代の中でも時期により、多くの作者による作品があります。
そんな中から、今回の展示として選んだ作品は、
葛飾北斎の「富嶽三十六景」です。

富士山は日本の正月では縁起物として扱われており、
また、葛飾北斎の浮世絵は日本ではもちろん、
海外でも広く知られており、多くのお客様になじみ深いものでもあります。

また、江戸時代の旅行ブームによって制作された作品ということで、
ウェスティンナゴヤキャッスルにお越しいただいた皆様に、
サイネージからも旅行の楽しさを感じていただけるのではないかと考えたからです。

展示する作品は12点となりますので、
これから36景色(46景色)の中から、
展示に使用する12点の作品を選んでいきます!

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。