TEL.052.253.9866

ラボブログ

プロジェクションマッピングを利用した車のラッピング
Data:2014/05/9

プロジェクションマッピングを利用した車のラッピング

プロジェクションマッピングを使用した、簡易ラッピングとは

今回、提案する企画は、プロジェクションマッピングを利用した車のラッピングの提案です。

背景

・車のラッピングは、最近簡易的に行う方法があります。
 簡易的に作成できるシールを作成し、車に張る。
 ラッピングカーが多くあります。
 俗言う「痛車」などです。
 しかし、自分の車が実際どのように完成するのか。
 シールの張る場所を細かく決めてから行いたい人もいるのでは
 ないでしょうか?

 

プロジェクション化するメリット

・実際に自分の車を修理工場に持っていき、
 プロジェクションを行い、オリジナルのシールの張る場所を
 決めたり、多くの種類のシールを試す事が出来ます。

どのようにおこなうのか

■STEP1
シールを張りたい、車を修理工場に持っていきます。

■STEP2
暗室のガレージに車を止めて、プロジェクターで投射し、
好みの絵柄や、好みの場所を正確にきめ、
映像に合わせてシールを張ります。

感想

プロジェクションマッピングは、完全に固定したりする事が
全体にありますが、プロジェクションマッピングを使用して、
簡易的に、「物を映す」「実物に当てはめる」という要素を盛り込んだ
今回の提案になります。
この方法は、大きな施設を必要とせず、簡単にシールのデザインを
ソフトウェアに取り込み、プロジェクターで車に当てるだけで
実現する事が出来ます。

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。