TEL.052.253.9866

ラボブログ

DMXを利用したコントローラー
Data:2014/04/2

DMXを使用したコントローラー

DMXを利用したコントローラーの開発

簡単な操作性を持たせる仕組み

DMXを利用したコントローラー

DMXとは、通信プロトコルの一つで照明機材のコントロールに使用されます。
正式には「DMX512」と呼ばれ、一本のケーブルから512個の情報やりとりできます。
DMXの機能の中には、「調光」「平行移動」「垂直移動」「色」「ゴーボー」の機能を持たす事が可能で、ムービングプロジェクターと呼ばれる可動式のプロジェクターの制御を行う事が可能です。
また、近年VJソフトでは、DMXを使用出来るタイプあり、
さまざまな仕様用途が可能になりました。

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。