TEL.052.253.9866

ラボブログ

FogScreenは人工的に発生させた霧にプロジェクターで映像を映し出す「霧のスクリーン」
Data:2014/05/8

FogScreen「霧のスクリーン」を利用した映像投射

霧のスクリーンを利用した、映像投射の方法

スクリーンを立てなくても映像を投射出来る方法

霧のスクリーンを利用した映像投射について

FogScreenとは、霧をスクリーン変わりにする手法で、
通常プロジェクターを使用する場合は、壁面や白いスクリーンを使用するケースがありますが、フォグスクリーンを利用する場合、壁がや白いスクリーンを用意する必要がなく、好きなところにスクリーンを作り出す事が出来ます。

FogScreenの可能性

FogScreenの特徴として、投射面をすべて使用する必要は無く、
投射面の一部に映像を投射する事が可能な点です。
その為、実物のディスプレイと重ねあわせたり、
空中に浮いている様な表現が可能になります。
現在では、通常の文字等の広告だけでなく、
3Dの人型の動画を利用して、インフォーメションの変わりに使用したり
するケースがあります。
今後は、FogScreenとプロジェクターが一体化した商品が
小型化する事で、様々な広告媒体として期待出来そうです。

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。