TEL.052.253.9866

ラボブログ

blogPhoto03
Data:2014/11/13

ステンドグラスが変化するギミックを作りました。

思わぬ落とし穴

今回はkinectを用いたインタラクティブ要素を盛り込みます。
狙いはステンドグラスの色が人の動きによって変化すること。

ホテルの雰囲気を崩さないように気をつけながらも、ロビーを通るお客様の耳に届くように、
「効果音」にも注力しました。
様々な効果音を聴き比べつつ、涼やかに反響する金属音を選びました。
そのままでは少し使いづらいので、頭の音をカットしたりと少し加工を行う間
ある問題が発生しました。

プログラマーに組んでもらったアニメーションがまったく動かずダウンしてしまうのです。
これでは自在に色を変えるなど、とても実現できません。

ステンドグラスの絵を構成する、小さなイラストパーツの量が原因でした。
色変化をより綺麗に見せるために
ステンドグラスを一片ずつの小さなイラストパーツに分けたのですが
結果として素材点数は膨大なものとなり
PCにかかる負担は想像を遥かに超える結果となってしまいました。
このままでは完全に企画倒れになってしまう。
早急に解決策を探す必要がありました。

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。