TEL.052.253.9866

ラボブログ

blog_0602_2
Data:2016/06/20

プロジェクションマッピングで水を魔法のように操る

プロジェクションマッピングの人気モチーフ「水」

水はプロジェクションマッピングにおいて大変の人気のあるモチーフで滝や海、水中や雨の中など様々な水に関したマッピングが作られて来ました。そんな水をモチーフにしたマッピングの中でも、水の質感の表現が本物と見紛うほどにリアルな作品を紹介します。

Interactive Fountain Mapping

今回紹介するのはFoliativによって制作された「Interactive Fountain Mapping」という箱の中に収まる水を表現した作品です。積み上げられた複数の立方体の中を、高低差を利用して水が流れ落ちていくのですが、この動きが非常にリアルでまるで水槽の中に本物の水を流しているかのよう。更にこのプロジェクションマッピングはインタラクティブ要素が取り入れられており、体験者が手を動かすと、その方向に水の流れを自由に動かすことができます。水を宙に浮かせたり、左右に大きく振ったり…まるで魔法のようです。

Interactive Fountain Mappingから学ぶこと

小さなスペースでエンターテイメント性の高いコンテンツを生み出していることです。インタラクティブマッピングは場所をそれなりに取る物が多いのですが、このマッピングでは水というモチーフの性質を活かし、狭い空間で水を動かせば動かすほど、水の反射が更にマッピングを面白くする…とプラスの方向に持っていくことに成功しています。狭い場所でこそ活きてくるアイデアに脱帽です。

[参考サイト]
Foliativ

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。