TEL.052.253.9866

ラボブログ

taitoru
Data:2016/08/23

あなたの動きに合わせて棒人間が踊る!インタラクティブプロジェクションマッピング

動きを読み取るインタラクティブ

今回ご紹介するのは人の動きや音などに合わせて映像が変化する、インタラクティブプロジェクションマッピングの作品です。こちらの作品「EGO」では、人感センサーで人の動きを読み取ってそれを映像に反映させ棒人間を躍らせています。インタラクティブな作品ならではのユニークな演出にご注目ください。

EGO

こちらのEGOはイタリアのKlaus Obermaierによって制作された、壁の前に立った人物の動きを読み取り、映像の中の棒人間がまるで鏡のように動き出すという作品です。人型をインタラクティブに動かすと、どうしても関節の曲がり方など不自然な点が出てきてしまいがちですが、EGOでは動かす人型を棒人間にすることで、その関節の矛盾などを上手くカバーしています。

スクリーンショット 2016-08-23 20.17.33

激しく動いても違和感なく動きます。

スクリーンショット 2016-08-23 20.16.06

横向きなどの角度にも対応しているようです。

[参考サイト]
Klaus Obermaier

EGOから学ぶこと

人の動きを読み取るタイプのインタラクティブな作品は大変魅力的ですが、プログラミング故に出てくる矛盾点をカバーする必要が出てきます。今回ご紹介した作品のように、アイデアで上手にカバーできるとより一層素晴らしい作品に仕上げられそうですね。以上、インタラクティブな作品に起きがちなトラブルを上手く解決した作品のご紹介でした。

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。