TEL.052.253.9866

ラボブログ

top
Data:2016/09/7

ヘリコプターを駆使して行われたアクロバティックな空中プロジェクションマッピング

プロジェクションマッピングの空中パフォーマンス

今回ご紹介するのは、ニューヨーク市の上空で行われた空中プロジェクションマッピングショーです。なかなか他所では見られない、夜空をはためくアクロバティックなパフォーマンスにご注目下さい。

Largest Aerial Projection Screen

スクリーンショット 2016-09-07 20.31.24

こちらの大掛かりなプロジェクションマッピングは、2台ものヘリコプターを使って行われました。

1s

一台は映像投影用でプロジェクターを積み込み、正確に移動。スクリーンに映像を映し出します。

2

もう一台はスクリーンとなる巨大な旗を背負ってニューヨーク市上を飛びまわります。その旗の大きさはなんと250フィート(76.2メートル)!

スクリーンショット 2016-09-07 20.31.24

最新の光学トラッキング技術を用いてスクリーンがはためいても、自動で追跡して投影されるようになっています。

スクリーンショット 2016-09-07 20.31.55

スクリーンショット 2016-09-07 20.32.17

こちらのプロジェクトはギネス記録にも登録されたようです。納得の内容ですね!

[参考サイト]
Projection Mapping Central

Largest Aerial Projection Screenから考える

今回のプロジェクションマッピングは、2台のヘリコプターを付かず離れずの絶妙な距離感で操縦する技術、そしてこれがなくては結構出来なかったであろう光学トラッキングなど、単純に見えるようで、多数の高度な技術の支えがあって成立しています。もし数十年前だったら考えられないような、作品なのではないでしょうか。技術の進歩により、これまで手が届かなかった領域に踏み込んだ作品が発表されていくのは嬉しいですね。

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。