TEL.052.253.9866

ラボブログ

BlogPhoto140908_00
Data:2014/09/8

考えたら負け【ケツジェクションマッピング】

「くだらなさ」が放つ笑いのエネルギー

一流の技術を駆使し、全力でお馬鹿なことをやってのける人々がいます。
そんな人々が世に送り出す作品は、感嘆と笑いを巻き起こす強烈なエネルギーに満ちています。
今回ご紹介する作品もその一つ。
良くも悪くも「エネルギー」に満ちています。

※少々過激な表現が含まれます。お食事中の方、潔癖症気味の方はご注意ください。

ケツジェクションマッピング

雑な作りのパネルに穿たれた意味深な穴。
そこに現れるのはこの作品の主題、お尻です。
BlogPhoto140908_01

白塗りされたお尻が穴に嵌め込まれ映像がスタートします。

BlogPhoto140908_02
まさに尻がマッピングされるかのようなアニメーション。
綿密な線でお尻が描き出されてゆきます。
この後もプロジェクションマッピングならではの空間演出を用いて
宙に浮くお尻、独立して飛び回るお尻など
お尻がよくわからない大活躍をみせます。

BlogPhoto140908_03
空間を埋め尽くすお尻。
生理的嫌悪感を募らせつつも、こんなお菓子のパッケージがあったような気がしてきます。

[参考サイト]
オモコロ

ケツジェクションマッピングから学ぶこと

馬鹿なテーマを高クオリティで仕上げるシュールさにこそ
この作品の良さがあります。
しかし裏を返せば、高い映像制作技術のみに頼った作品です。
一つ間違えばただの下劣な作品としてネットを流れ
悪評を垂れ流すだけの存在になってしまうでしょう。
こういった作品を作るノリの良さと公開する勇気は
ぜひ見習いたいものです。

くだらない笑いが欲しい、そんな時。
普段の生活で凝り固まった頭への清涼剤として。
好き嫌いは相当別れるカテゴリですが
見かけた際には、ちょっと覗いてみてはどうでしょう。

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。