TEL.052.253.9866

ラボブログ

bolog_title_lps
Data:2016/05/10

プロジェクションマッピングの小人のシェフのもてなし

未来の暮らしとプロジェクションマッピング

プロジェクションマッピングがもっと一般的になって私達の生活のあらゆるところで活用されるようになったら…今回の作品はそんな未来を想像させる、先進的なプロジェクトです。

Le Petit Chef

ドイツのSkullmappingというチームが制作した『Le Petit Chef』プロジェクションマッピングです。テーブルの上から白いテーブルクロスに投影されるのは小人のシェフ。
シェフは一生懸命小さな体を動かして、ステーキや付け合せの野菜焼いたり、フォークを使ってお肉をひっくり返したり。
見るものを飽きさせないエンターテイメント性に富んだユニークな映像で、料理が出てくるのを待っている退屈な時間を、楽しく過ごして貰おうという店側の粋な図らいを感じました。

[参考サイト]
Skullmapping

Le Petit Chefから学ぶこと

プロジェクションマッピングと言うとプロモーションやイベント等、比較的大規模な企画での利用が一般的です。
今回の用に日常的なシーンに密着した小規模な利用は珍しいケースだと言えます。今はまだ費用的な面で難しいのですが、プロジェクションマッピングが一般的な演出の一つとして、各商業施設に取り入れられたり、家庭で利用されるようになったら…という想像を脹らますことの出来る先見性のある取り組みだと思います。これからの未来とプロジェクションマッピングの可能性に気付かされた作品です。

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。