TEL.052.253.9866

ラボブログ

blog_0517
Data:2016/06/17

必見!歌声に映し出される幻想的プロジェクションマッピング

何もない空間にマッピングする

最近ではスモークを用いて、何もない空間上に 映像を投影するという手法の作品もよく見られるようになってきました。今回紹介するのは、寒さで人の息が白くなるのを利用した プロジェクションマッピング作品です。

Love is in the Air

この作品はWriggles & Robinsにより制作された『Love is in the Air』という作品です。白い息に映像を投影する演出と ミュージックビデオとして制作された作品の目的が上手く合わさっています。ミュージシャンが歌うとその息に投影される映像がとても幻想的で美しい独特の世界観を作り出しています。ただ息に投影するだけでなく、その息を手でかき消したりなど様々な演出が用いられ環境を最大限に活かして制作されています。美しい映像を取るために、撮影は氷点下で行われたそうです。

[参考サイト] Wriggles & Robins

Love is in the Airから学ぶこと

ただプロジェクションマッピングを使ってミュージックビデオを制作するだけでなくミュージックビデオの歌うという仕草と、人の呼気にする仕組みが上手くリンクした素晴らしい作品だと思います。どこにでも投影できるプロジェクションマッピングだからこそその場所でなければならないという理由が大切になってきます。映像を投影するだけでなくその場の状況に上手く取り込んで繋げることで更にその作品の意味を深め、より良いプロジェクションマッピングにすることができるでしょう。

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。