TEL.052.253.9866

ラボブログ

あhshf
Data:2016/06/29

まるで水槽!プロジェクションマッピングでホールが七変化

プロジェクションマッピングと建物が織り成すハーモニー

今回ご紹介するのは、オランダのアムステルダムで行われたプロジェクションマッピングです。
円筒形の凹凸のないホールを巨大なスクリーンのように使用した興味深い作品です。まるでプロジェクションマッピングをするためだけに用意されたのかと錯覚してしまうほどの建物とプロジェクションマッピングの親和性が高い作品になっております。

the Human Age

この作品はIT企業ExperisのPRキャンペーンのために、映像制作会社PostPanicによって制作されました。筒状のホールに施された3Dマッピングは、まるでその奥に空間があるのではと錯覚させられるようで、特に建物全体を水槽に見立て魚がホールを自由自在に泳ぐシーンは必見です。他にも、ITテクノロジーを想起させるモーショングラフィックや建物全体がゼンマイ仕掛けの巨大な機構に変わる演出など、円筒であることを最大限に活かしたアイデアが至る所に見られる素晴らしい作品でした。

the Human Ageから学ぶこと

今回は建物の特性を最大限に活かした演出が素晴らしいthe Human Ageの紹介でしたが、建物に限らずプロジェクションマッピングを行うのであれば、そこでしか出来ないアイデンティティーにこだわりたいもの。その場所、そのクリエイターでしか生み出せない、そんな作品を制作したいですね。

[参考サイト]
PostPanic

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。