TEL.052.253.9866

ラボブログ

TheMacula-SimNebula
Data:2016/07/4

古典と先端芸術の融合!クラシック音楽とプロジェクションマッピング

伝統と先端技術の融合

今回ご紹介するのはクラシック演奏やオペラなどを行う伝統的なホールで行われたプロジェクションマッピングです。伝統的な芸術と先端技術という意外な組み合わせに注目しつつ、プロの音楽家によるクラシック・コンサートと共にプロジェクションマッピングをお楽しみ下さい。

SIM / NEBULA

「SIM / NEBULA」はチェコ・フィルハーモニー管弦楽団結成190年を記念したクラシック・コンサートに合わせThe Maculaが制作した作品です。クラシック音楽に合わせ自由に表情を変えるこの作品は、雰囲気を壊さないままプロジェクションマッピングとクラシック音楽を融合させることに成功しています。伝統と先端技術が組み合わさった新しいクラシック音楽の形を見せてくれるそんな作品でした。

[参考サイト]
the macula

SIM / NEBULAから考える

プロジェクションマッピングというと、先端的な技術でクラシックやバレエような古典芸術とは合わないのではないかと考えてしまいがち。そんな偏見を打ち砕くのが今回ご紹介したSIM / NEBULAです。クラシックの雰囲気を壊さず、かつクラシック楽曲それぞれの持つ音楽性をプロジェクションマッピングで表現したことにより、耳で楽しむだけでなく視覚的にも楽しめるようになりました。プロジェクションマッピングによって、クラシックのような古典的な芸術にも新しい楽しみ方が増えるのは嬉しいですね。

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。