TEL.052.253.9866

ラボブログ

0721_スクリーンショット 2016-07-21 21.16.03のコピー
Data:2016/07/21

夜の町に浮かび上がる、光のプロジェクションマッピング

モノクロで語る

今回ご紹介するのはモスクワで行われたプロジェクションマッピングなどの光のアートを集めた国際フェスティバルで行われた作品です。こういった大規模な催しでしか用意できない街中の明かりが落とされた暗闇の世界で、まばゆいばかりに輝く光のプロジェクションマッピングをお楽しみ下さい。

Pure light

ロシアの首都であるモスクワのボリショイシアターにて行われた作品です。モノクロの映像のみで作られたこちらの3Dマッピングは、黒い部分は照明を落とした夜の町に溶け込み、明るいだけがポッカリと浮かび上がる光景は夜景を連想させる絶景です。高所からドローンを用いて撮影された、地上からみる映像とは又違った視点で楽しむこともできる映像もあるので是非御覧ください。

[参考サイト]
Illuminarium

Pure lightから学んだこと

Pure lightは周辺環境と作品を上手くリンクさせた作品でした。モノクロ映像の黒と暗闇が混ざり合い建物の境界線がなくなる表現など、プロジェクションマッピングならではのイリュージョンと言えるでしょう。規模を落とせば一般商業施設などでも十分応用できそうなのも良いですね。光のアートであるプロジェクションマッピングだからこそ周辺の光環境にも拘っていきたいですね。

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。