TEL.052.253.9866

ラボブログ

blog_0629_1
Data:2017/07/3

息を吹きかけるとシャボン玉のシルエットが!プロジェクションマッピングを利用したインタラクティブな「Bubbles’ Cellar」

センサーなどで動きを察しして映像に反映する、インタラクティブプロジェクションマッピング。今回ご紹介するのは、そんなインタラクティブな作品の中から息を吹きかけることで反応するユニークな作品「Bubbles’ Cellar」です。

Bubbles’ Cellar

Bubbles’ Cellarは名前の通り、息を吹きかけるとプロジェクションマッピングのシャボン玉シルエットをを作り出す事ができる、インタラクティブプロジェクションマッピングです。
壁にはっきりとシルエットが出来るように照明が調節されており、そのにシャボン玉のシルエットを投影することで、まるで実物の姿が見えないのにそこに影だけが存在しているかのように見えます。影による錯覚を上手に利用した作品です。

シンプルだけど面白いシルエットマッピング

影だけを投影するとなると非常に地味な絵面をイメージしがちですが、今回ご紹介した作品のように周辺の環境を映像と合わせ、インタラクティブな要素を取り入れることで、一気に面白い作品へと変貌させることも可能です。映像に対しあまり予算が取れないときにもシルエット表現は有用だと言えるでしょう。

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。