TEL.052.253.9866

ラボブログ

537901798_1280x720
Data:2017/01/5

大型ショッピングモールがプロジェクションマッピングで大変身!デジタルコンテンツを利用したデコレーション

今回ご紹介するのは、超大型ショッピングモールで行われたテディベアを始めとするおもちゃをモチーフとした、ファミリー向けのキュートなプロジェクションマッピング。クリエイティビティの高さはもちろんのこと、デジタルサイネージなどプロジェクションマッピング以外にも積極的にデジタルコンテンツを取り入れた点にもご注目下さい。

Central Kids Store

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-05-16-00-13

こちらのプロジェクションマッピングは、ロシア・モスクワにあるCentral Children Storeという大型ショピングモールのリニューアルオープンを記念して行われた作品です。当ブログでも何度か取り上げている、3Dプロジェクションマッピングを得意とする制作会社SILA SVETAによって制作されました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-05-16-01-33

「こども時代のミュージアム」をテーマに制作された映像は、テディベアやおもちゃの兵隊など親しみやすいキュートなモチーフでまとめられています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-05-16-00-39

建物の元来の構造を活かした映像づくりは流石の一言。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-05-15-58-48

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-05-15-59-06

プロジェクションマッピングの他にも、建物のアーチに窓のようにサイネージをはめ込んだ演出など積極的にデジタルコンテンツを取り入れているのが伝わってきますね。

ショッピングモールにピッタリの大人から子どもまで楽しめる作品でした。

建物の元を活かした3Dマッピングで「ここにしか無い」付加価値を

今回ご紹介した作品では、作品と建物を積極的に絡めて行くことで、ショッピングモール自体をエンターティンメント施設のような付加価値の高いものへと変貌させています。建物と複合させることで「ここにしか無い」という付加価値を生み出すープロジェクションマッピングを取り入れる上でのゴールの一つになりそうな事例のご紹介でした。

[参考サイト]
Sila Sveta

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。