TEL.052.253.9866

ラボブログ

スクリーンショット 2017-06-08 16.56.20
Data:2017/06/12

宝石のようなイースターエッグが美しい!ファベルジェのイースタープロジェクションマッピング

イエスキリストが復活したことを祝うイースター。日本でも大手テーマパークがイベントに取り入れるなど、身近なものになってきましたよね。今回ご紹介するのはそんなイースターをテーマとした、宝石のようなプロジェクションマッピング作品です。

Fabergé at Harrods

Faberge_install_photo-5_1000

「Fabergé at Harrods」は宝石ブランドであるファベルジェがイギリス最大の老舗百貨店ハロッズで行ったプロジェクションマッピングです。イースターの期間中、ファベルジェのショーウィンドウを彩りました。

20

テーマはインペリアル・イースター・エッグ。イースターエッグを宝石や貴金属などで制作した、工芸品。エメラルドやルビーなどの宝石がモチーフとなりデザインされた映像は、さすが宝飾メーカーと言わざるを得ない美しいものでした。

Fab1

卵の形をした巨大なスクリーンに隙間なく映像を移す為、3Dモデルと複数台のプロジェターによる投影が行われています。単純な図形に見えて極めて複雑な処理が採用されている、技術的にも高いレベルの作品です。

大手百貨店のショーウィンドウを彩るのにふさわしい美しいプロジェクションマッピングでした。

ショーウィンドウとプロジェクションマッピング

ショーウィンドウにプロジェクションマッピングを施すにはまずは、周囲の明るさが重要になってきます。ショーウィンドウは開口部が広くとられており、また隣接する店舗からの照明も入りやすいため、なるべく暗い場所を確保できないとプロジェクター費用も嵩み、また作品も美しく見えません。ケースによっては思い切って夜間のみにする、暗幕を導入するなどの対処が必要になります。気軽にご相談くださいね。

[参考サイト]
JUSTSO Creative Design Agency London | Retail Architects

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。