TEL.052.253.9866

ラボブログ

%e3%83%92%e3%83%a5%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a4%e3%83%bb%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%83%88_500
Data:2016/10/4

ビルの壁面に車がくっついている!?大掛かりな仕掛けが異質な3Dマッピング「Hyundai 3d projection」

今回ご紹介するのは、ビルに複数台のプロジェクターで立体的な映像を投影する、3Dマッピングを利用したHyundaiのプロモーション。

Hyundai 3d projection

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-28-18-18-48

こちらは韓国の自動車メーカー「Hyundai」が行った、3Dマッピングを活用したプロモーションです。

hyundai3-588x328

ビルの壁に吊り下げられたドライバーが車に乗り込むと、まるで車が実際に走っているかのようにビルの壁に投影された映像が動き始めます。

hyundai-3d-588x329

hyundai5-588x330

hyundai8-588x329

自動車本体ではなく、その周りのマッピング映像が動くことで、自動車が映像の世界を走り回っているように見えます。

The seven sealsから学ぶこと

本物の車に投影することで、ただ映像として車を走らせるよりリアルに感じられます。どこにでも投影できるマッピングの利点をうまく活用し、実物とマッピングを融合させた作品だと思います。
ここまで大掛かりな仕掛けは、さすが海外といった感じです。人物はワイヤーで吊られていますが、車の固定方法・出現方法など気になります。

[参考サイト]
The FWA

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。