TEL.052.253.9866

ラボブログ

life-is-going_1
Data:2017/10/10

国際的な光のアートの祭典!Kyiv Light Festivalで第1位を獲得したプロジェクションマッピング

ロシアキエフで毎年開催されている、Kyiv Light Festivalをご存知でしょうか。世界各地から制作会社が集い、LEDライトアートやおなじみのプロジェクションマッピングまで、Lightに関するアートが展示される、国際的な光のアートの祭典です。今回ご紹介するのは、そんなKyiv Light Festivalで一位を獲得したプロジェクションマッピング作品「Life is going」です。

Life is going

「Life is going」はロシアのキエフにてKyiv Light Festivalで実際に投影された、建造物への大型プロジェクションマッピング。モノクロでコントラスト強めに制作された映像が美しい印象的な作品です。

life-is-going_3

life-is-going_5

life-is-going_4

幾何学的な図形と抽象的な表現で「LIFE」と言う概念を表現しています。2Dと3D表現を組み合わせた立体から平面への以降がとても鮮やかで、モノクロの作品でありながらも非常に華やかな作品です。建物の使い方も、平面的にスクリーンのように投影したり、建物の骨格を利用したりと非常に工夫されています。

life-is-going_6

life-is-going_7

最後に一瞬だけモノクロの世界に色がつくのも、印象的な構成ですね。こちらの作品はKyiv Light Festivalで一位を獲得したようで、まさにその称号にふさわしい作と言えるのではないでしょうか。

モノクロの作品も表現次第で豊かな表情に

今回ご紹介した「Life is going」ではモノクロで在ることを活かした、さまざまなテクニックや表現方法を用いて作品をより鮮やかに見応えのあるものへと昇華させていました。特に滑らかな2D、3D表現の切り替えは色数が少ないからこそ印象的にそして綺麗に行えていますね。一位獲得にふさわしいハイレベルなプロジェクションマッピングのご紹介でした。

[参考サイト]
Skilz / Animation studio

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。