TEL.052.253.9866

ラボブログ

oculus_1
Data:2017/11/13

プロジェクションマッピングを組み込んだ建築!音と光のアートアーキテクチャ「OCULUS」

プロジェクションマッピングと建築を組み合わせたアートは、非常に人気のあるジャンルです。当ブログでも何度か取り上げて来ました。今回ご紹介する音と光のアートアーキテクチャ「OCULUS」も、そんな作品のひとつ。美しい映像の演出が楽しめるプロジェクションマッピング作品です。

oculus_3

OCULUS

oculus_5

OCULUSは建築とメディアアートを組み合わせた、ビジュアルオーディオパフォーマンス作品です。三角をランダムに組み合わせて作られた、半球状のアートアーキテクチャをスクリーンにして、複雑なメディアアートが投影されます。

oculus_2

oculus_4

観覧者はアートアーキテクチャを外側から眺めるだけでなく、建築の内部に入って内側からも鑑賞することが可能でした。内面には外と同様に映像が投影されており、外とは凸凹の構造が違うため、全く異なる印象でアートを楽しむことが可能なのだそう。

oculus_6

映像からも伝わってくる通り、まるで万華鏡の中に入り込んだかのような迫力です。

外と中、両方の側面から楽しむことができる美しいアートプロジェクションマッピングのご紹介でした。作品のメイキング映像もありますので、興味をお持ちの方は是非ご覧ください。

スクリーンの形状で変わる楽しみ方

今回ご紹介した作品はスクリーンの形状で、同じ映像でも楽しみ方が全く変わるという作品でした。今回のようなアート作品以外にも、常設コンテンツや長いロビーなどでの展示など少しプロジェクションマッピングに変化を付けたいときなどに、おすすめだと言えるアイデアでした。

[参考サイト]
Vimeobusra tunc

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。