TEL.052.253.9866

ラボブログ

SEIKO_GS_top
Data:2016/09/6

ページを捲ることで映像が変化!本をイメージしたプロジェクションマッピング

今回ご紹介するのは、本をモチーフとして制作されたプロジェクションマッピングです。ページを捲ることで投影される映像が変化するインタラクティブ性を取り入れた面白い作品となっています。

GS Papers Photography

こちらのGS Papers Photographyは日本のアーティスト松尾高弘によって制作されました。

SEIKO_GS_04

本をイメージしたこちらのプロジェクションマッピングは、手前に大きな本のモチーフ、奥にページをイメージした紙のモビールが舞っているという構成。

SEIKO_GS_07

手前の本を捲ると

SEIKO_GS_06

モビールに投影されていた映像も変化します。

SEIKO_GS_01

SEIKO_GS_05

SEIKO_GS_08

[参考サイト]
LUCENT

GS Papers Photographyから学ぶこと

今回の作品は、本というテーマを上手くインタラクティブ性に結びつけたり、本のページをイメージしたモビールと取り入れたり、作品とテーマを上手く結びつけた演出が魅力的でしたね。
メインとなるスクリーンが2つ、インタラクティブ性を取り入れる…などともすればバラバラに成ってしまうほど個性の強い演出を幾つも取り入れている作品ですが、一貫したテーマ性がそれらを繋ぎ止めています。
以上、本というテーマをうまく形にした素晴らしい作品のご紹介でした。

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。