TEL.052.253.9866

ラボブログ

living-truth_1
Data:2017/06/6

ゆらゆら光る、半透明のシートにプロジェクションマッピングを施したファンタスティックなアート

一般的に建物の壁などしっかりとした土台に投影されるイメージの強いプロジェクションマッピングですが、実はそんな作品ばかりではありません。顔や霧など不定形で不確かなオブジェクトにも、投影することが可能なのです。今回はそんな作品の中から、プラスティックシートに投影したプロジェクションマッピングアートをご紹介します。

The living truth of you

living-truth_2

The living truth of youはタペストリーのように吊り下げられたスクリーンに投影したプロジェウションマッピングのインスタレーション作品です。

living-truth_3

スクリーンに使用されているのは半透明のプラスチックシート。透ける素材に投影することで、透過した光の折重なりまでも美しい作品に仕上がっています。

living-truth_4

それだけでアート作品のように配置されたキャンバスの作りも美しいですね。この複雑な形に対応する為、投影には3Dモデルも利用されたようです。

詳しい設営の様子をとらえたビデオもございますので、興味をお持ちの方はそちらもご覧になってみてくださいね。

透過による作品の広がりを楽しむ

今回ご紹介したように、プラスチックシートなどの不透明な素材を使うと、建物の外壁に投影した際には醸し出せない、光の折重なりによる作品の拡張を楽しむことができます。空間全体を美しく見せてくれるので、室内での展示に向いていますね。ただし光を透過するという性質上、通常よりも照度の高いプロジェクターを必要とする場面も多いのでご注意ください。

[参考サイト]
Projection Mapping: 8 Steps (with Pictures)

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。