TEL.052.253.9866

ラボブログ

01-79
Data:2017/04/3

超精巧!1000分の1サイズの「東京」にプロジェクションマッピング

今回ご紹介するのは、1000分の1サイズの「東京」の都市模型にプロジェクションマッピングを行った圧巻の作品です。細かなところまで作り込まれた小さな「東京」がプロジェクションマッピングで染め上がります。

TOKYO CITY SYMPHONY

01-79

こちらのプロジェクションマッピング「TOKYO CITY SYMPHONY」は六本木ヒルズの10周年を記念して行われた作品です。

maxresdefault

投影には1000分の1サイズに作られた、巨大な「東京」の都市模型を使用。小さなビルに開いた窓の一つひとつを視認できるほどの精巧な作りになっています。

Tokyo-City-Symphony-3D-Mapping1

実際の東京でこの規模のマッピングを行うことは不可能ですが、都市模型を使うことで疑似的に体現しています。

Tokyo_Symphony_02s

Tokyo-City-Symphony-3D-Mapping5

東京の街が彩どりに染まる様子は大変美しいですね。

maxresdefault-1

実際に投影に使われた模型がこちら。写真からでもその巨大さが伝わってきます。

国内外でもなかなか見られない大規模な作品でした。

模型×プロジェクションマッピングの可能性

今回ご紹介した「TOKYO CITY SYMPHONY」ではプロジェクションマッピングで、都市模型が美しく変化を遂げていました。模型を使ったプロジェクションマッピングは注目も高く、小規模なプレゼンなどでは予算が合わないのですが、例えばオープニングセレモニーなど敢えて外壁ではなく模型にマッピングをすることで雨天時のリスクを回避できる他、そのまま他の式典にスムーズに移れるなどのメリットもあります。外壁だけでなく、模型へのマッピングも検討してみてもいいかもしれませんね。

[参考サイト]
TOKYO CITY SYMPHONY

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。