TEL.052.253.9866

ラボブログ

Data:2020/05/14

心躍る、世界中のプロジェクションマッピングの祭典

室内、屋外問わずに彩りを与えることができるプロジェクションマッピングは、ほとんどの方が体験したことがあるのではないでしょうか。煌びやかな印象と、圧倒的なパフォーマンスで多くの人の目を奪うプロジェクションマッピングは、今では世界中で利用されるものとなりました。今回は、世界で開催されているプロジェクションマッピングの祭典をいくつかご紹介します。

歴史的な建物に映し出されるプロジェクションマッピング

世界中で開催されているプロジェクションマッピングの祭典は、歴史的建物に映し出されることが多く、その大きさは人々を圧倒させます。

iMapp Bucharest

iMapp Bucharestはルーマニアのブカレストで行われている、プロジェクションマッピングの国際大会です。こちらの建物は国会議事堂で、この国会議事堂は世界で二番目に大きな行政の建物です。建物にプロジェクションマッピングを映す大きさは、世界で一番とされています。

 

Circle Of Light Festival

Circle of Light Festivalは、ロシアの首都モスクワにある国立アカデミー・ボリショイ劇場で、年に一度開催されているプロジェクションマッピングの祭典です。この祭典では、世界各国から2D、3Dのプロジェクションマッピングにおいてスペシャリストが集結し、その技術を競います。プロジェクションマッピング以外にも、花火やレーザー光線、音楽などで彩られ、とても賑やかな光の祭典です。

 

Luma Arts Festival

こちらは、アメリカのニューヨークで開催されているLuma Art Festivalです。こちらの祭典は、プロジェクションマッピングの芸術性に焦点を当てて年に一回開催されています。映し出されるアニメーションは、一晩中ループ再生されるようです。

その他にも、様々なプロジェクションマッピングの祭典があります。

1 Minute Projection Mapping

1分間のプロジェクションマッピングの国際コンテストです。アジアにある建物にプロジェクションマッピングを映します。日本で2012年から開始され、昨年秋には小田原城で投影が行われました。

 

Amsterdam Light Festival

オランダの首都アムステルダムでは、ホリデーシーズンの数か月間、街中を光ライトアップして彩ります。プロジェクションマッピングもまた、街のいたるところで様々なプロジェクションマッピングが行われます。歩いてゆっくり観賞したり、自転車で走ってみたり、ボートから観賞したりと、街中の人がそれぞれの楽しみ方をしているようです。

 

Toronto Light Festival

カナダのトロントで映し出されるプロジェクションマッピングは、寒くて暗いトロントの冬を明るく照らします。夜が長くなる冬の45日間に開催されるToronto Light Festivalでは屋台も出店し、ファイヤーショーが行われるなど、とても賑やかな夜が続くようです。

 

Vivid Sydney Australia

Vivid Sydney Australiaは、プロジェクションマッピングも含む、光、音楽、アイデアの祭典です。この期間はシドニー中のコンサートホールやライブハウスでコンサートが行われ、各分野の著名人による講演やワークショップなども行われます。

 

LPM (Live Performers Meeting)

こちらはプロジェクションマッピングに興味のある方に最適な、イタリアで行われる交流会です。世界中のアーティスト、テクノロジー関係者、クリエイターが集まります。プロジェクションマッピングによる視覚的パフォーマンスや、イベントのステージデザイン、音楽パフォーマンスになど様々な分野でか活躍するクリエイターのプラットフォームです。この場を通して、新たなアートやテクノロジー開発を目指します。

 

シーンによって使い分けができるプロジェクションマッピング

今回は、世界中のプロジェクションマッピングの祭典をご紹介しました。映し出される建物が大きければ大きいほど圧巻され、街中で行われるイベントに取り入れられるプロジェクションマッピングも心を暖めてくれそうです。プロジェクションマッピングは屋外屋内問わず、時と場合によって利用方法を変えることができるので、様々な場面で活躍できます。プロジェクションマッピングについてのご相談やご不明点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

[参考]https://limeartgroup.com/best-projection-mapping-festivals-in-the-world/


※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。