TEL.052.253.9866

ラボブログ

vives-reflexions_1
Data:2018/06/4

水面に映る美!プロジェクションマッピングをフルに活用した華やかな水上ショー

綺羅びやかな雰囲気で人気の高い水上でのプロジェクションマッピング。フォグスクリーンや対岸に建つ】建物に投影するなど、様々な手法を当ブログでもご紹介してきました。今回ご紹介するのはそんな水上でのプロジェクションマッピングの華やかなショーです。

vives-reflexions_4

VIVES REFLEXIONS

vives-reflexions_2

vives-reflexions_5

こちらの作品は、ドバイにあるルーヴル・アブダビ美術館にて行われた水上ショーです。もともと海上に浮かぶ孤島のように建てられた美術館の立地を活かし、壁面をスクリーン代わりに投影しています。

ショーではLEDライトで縁取られた小舟と、同様にLEDライトのスーツを身にまとった演者が登場。移動する小舟とその船上でのコミカルな演技や、LEDスーツを着込んだまま海を泳ぐなどパフォーマンスで観客を楽しませます。

ショーはストーリー仕立てになっており、場面に合わせて建物に投影されたプロジェクションマッピングが切り替わり、シーンを演出します。

遠くを航行する船など、遠近感を表現する為にフォグスクリーンが利用されており、プロジェクションマッピングをフルに活用したショーになっています。他にも花火が打ち上がるなど華やかな演出が数多く見られ、プロジェクションマッピング以外にも見どころの多いのも素敵ですね。

表現を使い分けて演出を

今回ご紹介した作品では、距離感の演出を壁面への投影とは別に、フォグスクリーン活用することで表現していました。フォグスクリーン以外にも、網に投影するなど他の方法でも同様の表現ができそうですね。スクリーンや投影方法を使い分けることで、より表現に深みを出した作品でした。

[参考サイト]
Groupe F | Spectacles pyrotechniques

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。